人生

オタク気質なDINKS嫁の徒然なるブログ

バリ島なんもしない旅(旅費編)

「バリ島」で検索をかけると、節約旅!とかアクティビティ!とかはいっぱい引っかかるし、ホテルステイも多いけれどもヴィラとか軒並み高級ホテル。まあ日本とかと比較したら高級ホテルも全然リーズナブルなんだけど。実際、ホテルステイを主にして、飛行機も直行便だとどれくらいの費用なんかいな~というバリ島超初心者の費用を残しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

飛行機代

10月下旬出発で7月上旬に飛行機を取ったところ、一人あたり往復約14万円でした。もう少し早めにチケット取っておけばもうちょっと安く行けた(夫談)。ガルーダ・インドネシア航空JALコードシェア便、直行便だったので、どこかの国やジャカルタ経由や格安航空利用するともう少し安く行けるのかも。

 

 

 

 

 

ホテル代

ホテルニッコーバリベノアビーチに3泊しました。2018年に買収され(?)ホテルニッコーになったばかりで旅行雑誌に詳細もなくあんまりレビューがありませんでしたが、めちゃくちゃ最高のホテルでした。

 

 

設備は新しくはないですが掃除が行き届いていました。滞在中のとある1日、18時から蚊の退治のために薬剤を散布しますとのお手紙が散布する前日に届けられました。ちょうどその時間帯に私たちは外出していたので、どういうことが行われていたのか不明です。実際、ホテル内で蚊に刺されることはありませんでした。朝は従業員の方?が庭のヤシの木に登って葉の剪定をしていたり、プールに浮いている落ちた花を網ですくっていたり、行き届いた掃除の様子を伺うことができました。プールサイドやビーチサイドに設置されたベッドも、マットレス部分は夜になると取り外され、翌朝また従業員の方が持ってきてたみたい。ベッドに横になる際に使うタオルも、きちんと清潔に保たれており変な臭いとかもなく快適に使えました。ホテルの部屋はデラックスオーシャンルームを選びました。ホテルの公式予約サイトで予約し、朝食付きで約5,500kルピアでした(日本円換算約45,000円)。

 


f:id:osayuun:20191029201420j:image

 

チェックインの際、日本語のお手紙をいただきました。しかし文中にあるアクティビィティや館内インフォメーションはもらえなかった…。たぶん言ったらもらえるはずですが、必要としなかったのでスルーしてしまいました。あと、今回は無事に何事もなく日本に帰って来たけれど、ホテル内にクリニックがあったみたいです。診療を受ける場合はもちろん料金がかかります。2日目、朝起きたら夫の瞼が謎に腫れてたから、もし悪化したらクリニック行こうねって話をしてたけど、結局利用せず。夫も別に痛いわけでも痒いわけでもないと言っていたので放置しました。でもこの安心感はすごいあった。

 

 

アメニティは期待しないほうが吉。海外旅行、これからは日本のトラベルセット必ず持参しようっと…。

 

 

 

 

その他

昼夕食代(半分くらいはホテルニッコーバリ内のレストランで食べました)、ショッピング代、タクシー代、Grab代、スパ代、諸々合わせて合計7万円しないくらい。スパが約27,000円、ロックバーのお酒代が約6,000円、コンラッドでの夕食が約6,000円、がまあまあ高めの出費かな?

 

 

 

総計

飛行機代、ホテル代、現地費用含めると総額25万円あれば直行便でバリ島3泊5日を2人で楽しめることが分かりました。安い?高い?私は「意外と高いな…」という感想でした。でも色々旅行記見てみると妥当っちゃ妥当かもしれない。ちょうど乾季と雨季の間の時期はこのくらいの金額でいけそうです。夏や年末年始はもうちょっと高額なのかな?

 

 

 

 

次回へ向けて

次にバリへ旅行に行くときに注意したいこと。

 

 

まず、帰国便が直行便だとほぼ深夜1時発。辛い。眠い。不機嫌になりがち。夕方発でどこかで乗り継ぎして機内泊、成田か羽田着とかで次は帰りたい。

 

 

ご飯やさん、リサーチ不足でよく分からなかったのとホテルのレストランが美味しかったのでレストランに入り浸ってしまいました。割と正解だった気がする。そして後から見返すとホテルご飯、日本よりも断然安いね…!逆にコンラッドに限らず、高級ホテルのご飯やさん巡りするのもありだったかもしれない。(笑)今回宿泊したホテルがホテル密集地から離れた場所だったこともあり叶わず。

 

 

せっかくホットヨガに通ってるのに、結局ヨガせずに帰国した。(笑)ホテルでできるかな~と淡い期待を抱いていたけど出来なかったので、次回はヨガができるホテルに宿泊するか、ヨガのオプショナルツアーに参加したい。ヨガウェアも買いたいなと思ってたけどバリコレクションには売ってなかった。売ってても結局スポーツブランド品でお高めでした。

 

 

Grabは配車サービスしか利用しなかったので、foodも利用してみたかったな~。これは次回の挑戦。ブルーバードタクシーの公式アプリもあったので、次回バリに行く前にダウンロードしておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお腹を壊すことなく、蚊に刺されてもデング熱とかにならず、無事に海外旅行を終えられたので本当に良かった~!もしも体調悪くなったときの為にポカリスエットの粉末を持っていったけど、バリには普通にポカリスエットイオンウォーターも売っていました。がびーん。(笑)お腹壊す確率が高い国だとポカリスエット売ってるのかな。(笑)