人生

オタク気質なDINKS嫁の徒然なるブログ

iRobot Roomba 641をサブスクしてみた

日々オタクですが既婚共働きらしい記事でも。

 

 

我が家の家事分担は、全てにおいて気づいた人、早かった方がやる方式です。ご飯作った人がいたら作ってない人が皿洗いやったり、洗濯機回した人がいたら乾燥終了後畳むのは回してない人、など。掃除は水回り系(排水溝関係)は夫、その他は私、とざっくり決めていますが、まぁ私が史上最強に嫌いな家事が掃除なんです。昔から掃除機が本当に苦手。音が無理。重いし。

 

 

なので私の気が向かない限り掃除機がけはされないのですが(笑)、夫がしびれを切らして「増税前にRoomba買っちゃう?」と言い出しました。しかし掃除担当妻、「えー?高いしまだよくない?夫のお金から買うんだったらいいよ(笑)」と宣う。だって高いんだもん!!!色々種類あるし!!!よく分かんないし!!!!!夫はムスッとしていました。

 

 

 

 

共働き三種の神器とも呼ばれるRoomba、やっぱり気になってしまったのでこちらにて試してみることにしました。夫に相談したところ二つ返事で承認されました。

Robot Smart Plan 月々1,200円からのサブスクプラン | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト

 

 

色々なサブスクリプションサービスがありますね~!IT企業で働く電化製品オタクの夫なので興味津々でした。

 

 

 

我が家で借りることにしたのは、一番安価なタイプの641。Wi-Fi接続なし、吸引力も他と比較すると弱めのようです。週末、平日で試してみたところ、1LDKであれば各部屋一通り掃除機がけしてくれる印象でした。

 

 

ちょっとした問題点は、寝室のドアに衝突するとドアが閉まってRoombaが閉じ込められてしまう恐れがあること、スリッパを床置きのままにしておくとRoombaが押し出して玄関にスリッパを落とされる&段差を認識できずにRoombaも落下してしまうこと、扇風機にRoombaが乗り上げてしまいって降りられず力尽きてしまうことがあること、2センチ程度の段差を乗り越えられるのでカラーボックスの一番下の段に入れているものはRoombaの衝突を避けられないこと。一番最後のは私的にかなり問題で、一番下の段にCDやDVDを入れている棚が2個あるので速やかに対応策をとらなければならないと思っています…。

 

 

 

 

 

 

とりあえず1年続けてみて、既に購入する方向で私は勝手に考えているのでw色々な機能が増える(であろう)新機種に期待したいと思います。